KIホールディングス株式会社/コイト電工株式会社

情報システム部門

画像処理応用システム

画像処理式カーブ部走行支援システム

CCDカメラの画像を処理することで、カーブや見通しの悪い山道などで対向車やカーブ内での停止車両、低速走行車両等を検出し、道路情報板でドライバーに危険警告を行って安全走行を支援します。
対向車を監視して走行をサポート

走行支援システム

カーブ入口に設置された掲示板、ガイドライト灯体
ガイドライトシステム
見通しの悪いカーブ区間に設置して、鮮やかな緑色で道路線形をわかりやすく表示するとともに、カーブ入口に設置された車両感知器によって対向車を検知した場合は、赤色の流れ点灯表示により対向車の接近を知らせます。
コイト電工のガイドライトシステムは、スタイリッシュな灯体と視認性の良い鮮やかな緑色の線形表示で、カーブ区間での安全な走行環境を提供します。
コイト電工では、車両感知器とガイドライトの基本部に加え、表示板や画像処理によるカーブ区間内自動監視等の様々なオプションを用意して、カーブの線形や規模に柔軟に対応して最適なシステム作りをサポートします。
システム系統図

デジタル式軸重超過車両撮影装置

軸重超過車両撮影装置は、高速道路の料金所アイランドに設置し、軸重違反車両を撮影する装置です。 軸重違反車両を撮影するために、定位置感知器及び軸重計測設備(制御装置)と連動します。
違反車両をくっきり画像で残します

特長
ネットワーク機能を標準で装備
ネットワーク機能を標準装備。蓄積された画像データは、ネットワークを介して遠隔地からもダウンロード可能で、従来のデータ回収作業に比べて、より簡単により快適に作業が行えます。
メンテナンス作業をより安全に
ネットワーク機能により、危険な料金所アイランドでの作業、レーン閉鎖が不要。
データ回収作業がより安全に行えます。閉鎖などによる渋滞がなくドライバーのイライラも軽減します。