KIホールディングス株式会社/コイト電工株式会社

企業情報

沿革

1915年 小糸源六郎商店を創業。鉄道信号灯用フレネルレンズを販売。
1936年 株式会社小糸製作所に改組。鉄道車両・自動車・船舶・飛行場用照明電気機器を生産・販売。
1945~1964年 鉄道車両・航空機用リクライニングシートの開発、後楽園などへ夜間照明設備の納入、
自動車用シールドビームランプの量産化、交通信号機分野への参入。
1947年 当社の前身となる内外商事株式会社設立。
その後、小糸商事株式会社を経て、小糸工業株式会社に商号変更。
1967年 小糸製作所より自動車用照明機器以外の鉄道車両機器・各種照明・電気機器の
横浜事業部を営業譲渡される。
1988年 東京証券取引所 市場第二部に上場。
2011年 会社分割により、航空機シート事業以外の事業を、新たに設立したコイト電工株式会社へ移管。
同時に小糸工業からKIホールディングス株式会社へ商号変更。
2019年 KIホールディングス株式会社、株式会社小糸製作所による完全子会社化に伴い上場廃止。
2020年 KIホールディングス株式会社、株式会社小糸製作所により吸収合併され消滅。
コイト電工株式会社は株式会社小糸製作所の100%子会社となる。